業務上のミスから学んだこと

What's New
業務上のミスから学んだこと

仕事をしている時に

仕事をしている時に、色々なミスをするのは新入社員でもベテランでも同じです。

私は以前、上司の言っていることをうろ覚えのまま商品の発注をしてしまい、全く違うものが届いたことがあって、お叱りを受けました。
同じような商品であっても、全く違うものがあったり、それを発注する意味が分かっていないと、今回のような凡ミスをすることになると、その日飲み屋で上司から笑いながら怒られたものです。

致命的なミスをすると、人間はかなり反省し、次は同じミスをしないように努力します。それは毎日の生活の中でも生かされ、人の話をきちんと聞くようになったり、注意して聞くようになるなどの変化に現れます。
私の場合は、仕事中はできるだけ緊張できるよう、プライベートなグッズは持ち込まないようになりました。
また、ミスをした時の対応についても上司から教わり、ある程度は立ち回りが上手になりました。
ただあたふたするだけでは何もならないので、まずはできることから対応していくのです。

上司が教えてくれたことはこれ以外にもたくさんあり、ミスをただの失敗とせず、更に自分を高める材料として用いることができれば、更なる成長が期待できると分かったのです。

関連サイト情報