業務上のミスから学んだこと

What's New
業務上のミスから学んだこと

私が管理職の仕事について間もない頃

私が管理職の仕事について間もない頃、部下にメールで何でも確認や報告、簡単な相談をしていました。

相手の顔を見ることがなく、伝えた内容はきちんとメールで見直すことができる、最初はそれでよく、なかなか便利な道具ができたものだなと思いました。
そうして1ヶ月がすぎた頃、あちこちで業績が下がり、私は話がずれていることに気づきました。
調べてみると、各自がメールの報告通りには進んでいないことに気づいたのです。
部下もメール報告だけすればいいので怠惰になり、仕事への士気が落ちていたのです。
部下の甘い見通しの報告を、私はメールで見ていただけでした。

私は、その時初めて自分のミスに気づきました。
時間がかかっても、顔を合わせることは用件を伝えるためだけでなく、部下自身の甘いチェックだけでなく、上司である私からの客観的チェックを受けたり、士気を上げるためだったのだと学びました。

それ以来、部下にもお客様にも定期的に会うことは仕事のうち、として仕事に取り入れています。