業務上のミスから学んだこと

What's New
業務上のミスから学んだこと

会社に取引先の方が来た時

会社に取引先の方が来た時、担当者がたまたまいなかったため、私が応対したことがあります。
中年の男性と若い女性の二人で、私は男性の方を上司だと思って話をしていましたが、実は女性の方が上司、しかも社長だったんです。
女性の方は、よくあることだから気にしないでと笑って済ませてくれましたが、男性の方が「失礼だ」と怒ってしまって、その後とても気まずい思いをしました。

ビジネスへの悪影響は、なんとか上司が間に入ってくれて免れることができたけれど、自分の中にある先入観や、相手をきちんと見ないで対応してしまうミスで、仕事にダメージを与えそうになったことを、とても反省しました。

「星の王子様」という童話で出てくる「大切なものは目に見えない」というのはまさにこのことです。
大きな失態になりかねないミスをカバーしてくれた上司に感謝すると共に、自分の未熟さや思い込みを反省し、次に生かすことで責任をとらなければと思いました。

それ以降は、見た目や年齢で相手を判断せず、思い込みで話を進めないように心掛けるようになりました。

関連サイト情報